直接交渉で収益物件を高く買取してもらおう

マイホームの留守を守る

リロケーション会社は、転勤等で一定期間不在になるマイホームの管理を代行してくれる専門事業者です。定期的に巡回して異常の有無を確認したり、賃貸住宅として利用し、家賃収入をもたらしたりといったサービスを提供します。

サブリースと業務委託

集合住宅

マンション管理の負担をほとんどなくせる方法にサブリースと業務委託がありますが、どちらにもリスクはあります。サブリースは空室リスクを業者が抱えてくれるものの、契約破棄に注意する必要がある点に留意しましょう。

直接交渉で売却できる

マネー

業者と個人の直接取引

収益物件の売却を行うときには不動産業者による買取を選ぶことができます。CDやゲームソフトなどを業者に売るのと同じような仕組みであり、業者に売ったらその業者が一般に販売するという流れで収益物件の所有者が変わっていくのが基本です。収益物件を売却するときには不動産業者に仲介してもらうことで購入希望者を探すという方法もありますが、仲介を受けずに売却ができるのが買取の特徴とも言えます。買取は不動産業者と個人や法人との直接取引であり、買取価格についても直接交渉を行うことが可能です。収益物件の買取ではまずは不動産業者に物件の調査と査定を行ってもらい、価値の評価を受けた上で買取価格を提案してもらうのが一般的です。そして、その価格で納得できたら契約を結んで物件を引き取ってもらうという仕組みになっています。しかし、その価格に納得できなかったら交渉することも断ることも可能です。もっと高く売れるはずだと思ったら、その価格を提示している理由について照会することもできるでしょう。互いの納得がなければ売買は成立しないため、直接自分の主張をして利益を追求することができます。ただし、理不尽にもっと価格を引き上げるように主張しても業者から買取を断られてしまう可能性があるので注意しましょう。直接交渉になるので間に立ってクッションの役割をしてくれる人はいません。誤解なく相手に伝えられるのはメリットになるので言葉を選び、根拠を持って交渉に挑むと納得の価格で売れるでしょう。

滞納ゼロの賃貸経営を実現

メンズ

何らかの事情で連帯保証人を立てられない入居者に賃貸住宅を貸す際、賃貸保証会社を利用すれば経営の安全性を確保することができます。賃貸保証会社は家賃の支払い保証を専門に手がける事業者で、滞納発生時には入居者に代わって債務を弁済します。