直接交渉で収益物件を高く買取してもらおう

サブリースと業務委託

集合住宅

リスクを考えて選ぶ

マンション管理の負担をほとんどなくしてしまうことができる方法としてサブリースと業務委託があります。サブリースをすればマンションを一括して貸してしまうことで経営そのものを任せることが可能です。家賃収入に依存せずに賃料を申し受けられるのが魅力的な点でしょう。一方、業務委託を行う場合にも一通りのマンション管理業務を全て委託してしまえばほとんど管理負担はかからなくなります。ただし、マンション管理を委託するときには家賃の数%という形で料金を支払うのが一般的であり、空室が増えた場合には料金も安くなりますが、収入も減ってしまうリスクを負うことになるのです。このどちらが良いかを考えて方法を選ぶことが重要になります。一見するとサブリースにはリスクがないように見えてしまいがちですが、サブリースはマンション管理を行う業者が空室リスクを抱えることになります。そのため、業者側がサブリース契約をやめるという判断を下す可能性があるのがリスクです。この点を考慮すると空室対策がほとんど必要のない人気の高いマンションであればサブリースと業務委託のどちらを選んでも問題はないとわかるでしょう。一方、人気の低迷が懸念されるマンションの場合には業務委託を選んでおくと、突然マンション管理が行えなくなってしまうという状況に陥ることはなくなります。サブリースの解約条件にもよりますが、この点も考慮して好みでどちらかを選ぶのが重要です。