直接交渉で収益物件を高く買取してもらおう

滞納ゼロの賃貸経営を実現

メンズ

保証人なしでも入居OK

アパートやマンション等のオーナーが物件を貸す場合、賃貸借契約書には入居者本人の他に連帯保証人の連判を求めるのが通例になっています。これは、入居者本人以外にも債務を負担すべき人間を確保しておくことで、家賃等が回収不能になることを防ぐための措置です。ただ、中にはさまざまな事情により保証人を立てられない入居者もいます。特に近年の賃貸住宅市場において無視できない存在である高齢者と外国人は、保証人になってもらえる人を身近に見つけるのが困難です。このような場合、オーナーは賃貸保証会社に債務保証を依頼することで、安全な賃貸経営を担保することができます。賃貸保証会社は、賃貸住宅の入居者が家賃等を滞納した場合、オーナーに対して代位弁済を行うことを請け負う事業者です。入居者に対する立替分の取り立ては、賃貸保証会社が自らの責任において行います。オーナーにとっては、事実上滞納ゼロの賃貸経営が実現すると同時に、督促などを行う手間がなくなるというメリットがあります。加えて大きなポイントとなるのが、賃貸保証会社を利用してもオーナー側に新たなコストは発生しないという点です。保証事業に係る諸費用は、入居者が賃貸保証会社に支払う保証料を原資とします。さらに、賃貸保証会社の利用は入居率の向上にもつながるという面を持っています。保証人を立てられない人にも物件を貸せるようになることで、リスクを冒さずに入居者募集のハードルを下げることができるからです。